ペケレット湖園2009

  • Peke_ubayuri3
    2009年7月12日、ペケレット湖園へ行ってきました。すてきな散策路と和風アンティークを撮ってきました。本文はこちらから3記事。

ちざきバラ園2008

  • たべかけで失礼
    藻岩山中腹にあるちざきバラ園です。その昔札幌のエラい人が(多分、ちざきさんという人??)自分のお庭として作ったのを、その後一般公開しているとのこと。札幌ではとっても有名なお庭です。

白い恋人パーク2008夏

  • 大時計
    札幌観光の定番、石屋製菓の白い恋人パーク。 2008年も見事に花がさきました。 本文はこちら

トイかめらまん。

  • ナガンヌへ出発
    トイカメラでとった写真をアップしてみました。今はバビロン4が中心。4枚いっぺんにうつります。

沖縄一人旅

  • パイナップルじゃないよ
    2007年6月末、休暇をとって沖縄に二泊ででかけました。 そのときの写真です。日記本文

やってみる?

千客万来

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
無料ブログはココログ

あまりに沖縄に行きたいので

あまりに行きたいけど東京までいく金もないので
数年前の写真をすこしいじってみました。

バビロン4でとったやつ、
4枚つづりのはここでも公開していましたが
なんというか、
ひとつひとつが案外よくとれているのではないか、という気がして、
拡大してみてみたら、
悪くないので
分解してみました。

こんなかんじです。


Sanbasi3


他→


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログ トイカメラへ

沖縄こぼればなし2

今日ふと広告みていて思い出しました。

■ビラ配りのおにいさん
那覇のパレット久茂地のところをあるいているとき、わたしはなぜか、3度も同じチラシをもらってしまいました。
それが、そこから徒歩何分だかでつく分譲マンションのチラシだったのです。
…なんか、まっすぐにわたしをねらってわたしてくれて…あのう、
沖縄の人からみるとわたしはマンション買いそうにみえるのでしょうか?
…どこであれマンションほしくないといえば嘘になりますが
かえません。
たしかに、変な格好していたかもしれませんが、…どうして他の人にはわたさず、わたしに…??
多分県庁帰りの人をねらわなくちゃいけないチラシだとおもうんですが…。
…。
県庁につとめているように、みえましたでしょうか…。

そんなチラシくばりのおにいさんに、わたしは
「バスセンターどこですか」
と道を尋ね、
バスターミナルでよければまっすぐですよ」
とおしえていただいたのでした…。


■お世話になりました、おとーはん
首里城で大赤木みようとして迷子になりました。
ちょうどそこにいた、関西弁のおとーはんに道をきいたところ、おとーはんもわかっていませんでした。おとーはんも旅行者だったのです。
二人で歩き回ってやっと見つけて、なぜか一緒に大赤木を見ました。(笑)
不思議なご縁でしたね。
おとーはん、今どうしてはりますか。
おげんきでっしゃろか。


■ありがとです、おじい
で、そのあとまた迷子になり、今度こそ地元のおじいとおぼしき人物に道をたずねました。
おじいは丁寧に道をおしえてくれ、「一人できたの?」と言いました。「沖縄くるならコレ(と親指)とこなきゃだめじゃない」と言うので、「今度はそうしたいですね、でもふられちゃったんです」と言うと、「まあ、そういうときもあるね」としみじみ言って、「今ちょっと友達と電球かいにいくから、のってく?」とさそってくださり、お友達の方が車でモノレールの駅まで送ってくださったのでした。
ほんとうにありがとうございました。
途中、「ここは花街みたいとこよー」と観光案内もしてくれました。
なんとか社交街、とアーチがかかっていました。
…沖縄はまだあるらしいね、赤線。
お友達の方はディープな島言葉で、おじいが通訳してくれないとまったく私とは意志の疎通がありませんでした…。島言葉廃れてきているというけれど、北海道人にとっては「うそだろー!!」ですよ…汗。もう、外国語みたいでした。

沖縄一人旅こぼれ話

■ナマコ イェイ
…ナガンヌのビーチで、海にはいったら、無数に、おどろくほどに、足を踏み出す先を真剣に吟味せねばならぬほどに、ナマコがいたのです。
珊瑚礁の海なので、海のなかはごつごつしたまっしろな岩みたいなものがあって、深さは一定ではないのですが、その岩のうえに、とにかく、ナマコがいるのです、ものすごくたくさん。
最初はなんだろうとおもっていたのですが…まあ形状から言ってナマコだろうかと。そのうちあやまっていっぴきふんづけてしまい、そのむにゅっと感といい、身をよじる風情といい、これはまちがいなくナマコだ、と。
…よけつつよけつつ歩いていたのですが。

パラソルのしたでうやうやごろごろしていたところ、
「いぇーー」「おーーー」と体育会系なかけ声をあげながら、若いおとこどもがざぶざぶ海にはいっていくのがみえました。
お、元気だな、とみていたら、「いぇい」「えい」とかけ声をかけあいながら、たのしそうにナマコをぶん投げはじめました。
あっというまにナマコ合戦となりました。そうなんです、合戦できるほどいたんです。
ビーチのパラソルの下から、その黒い物体が飛び交う不思議な光景をながめていたわたしでした。
たぶん、あとにも先にも、ナマコ合戦をみるのはあれっきりな気がします。

さて、しばらくして海にもどったわたし。
…おにーちゃんたちのナマコ合戦をみていたのは、そこいらの子供も一緒でした。
「…これ、さわっても害ないらしい」と感じた子供は、お父さんを見上げていいました。
「おとうさん、ナマコさわれる?」
お父さんはつとめて冷静に、背をむけたまま言いました。
「…そっとしといてやりなさい。」
しかし少年はむにゅっとナマコをにぎりしめ、おとうさんにさしだしました。
「…これ。」
…おとうさんはさりげなく距離をあけながらいいました。
「放してやりなさい。」
「ナマコ」
「お父さんはナマコをつかまえたりしない。」
あくまで自然保護の姿勢を貫くお父さんが、ナマコにさわれないのは、
だれがみてもあきらかでした…。
災難だったな…おとうさん…。

遠い水平線の彼方に…

古いジェットストリームの出だしをタイトルにしてみました。

楽しかった休暇も今日でおわり、明日からはまた早番の激務です。
休暇の間は薬もほとんどいらなくて、快調でした。
やっぱりシゴトがあってないんですね…。
検査の結果どおり、わたしは非の打ち所もなく健康なのだなあ、と実感しました。
2晩つづけて、居酒屋でごはんをたべなくてはならなかったので、飲んだのですが、全然気持ち悪くならないし、二日酔いにもならない。豚肉食べてたからですかね?さんぴん茶のんでたから??そうではないきがします。ストレスの質が違うからなんかんだと思います。
旅行中だって、みしらぬ土地で時間に縛られて移動移動の世界、お店はすべてはじめてだし、なにもかも地図とにらめっこ、迷子にはなるし、暑いし、会う人のなかにはよろしくない人だっているかもしれない…。ね、ストレスがないわけじゃない。でも、ストレスの質が違う。シゴトのストレスは、主にプライドを自分で抑制するストレスだと思うんです。シゴトをしているときは、一人の人間としての尊厳がないと思います。
でも世の中にそんなエリ立ててやっていけるシゴトなんて、あるんでしょうか。
あるならそっちにしないといかんかも…。

沖縄は素敵なところでした。そりゃ、あまりに暑くて、わたしがあそこで暮らすのは無理だろうけれども、でも、子供のころ憧れた、「南国」そのものがあります。
テレビかなにかで南の海を見て、親に「でもこれはどうせ行けっこない外国なんでしょ。にっぽんにこんなとこないよ。」と言ったら、母らはしばらく黙ったすえに、おそるおそる「…沖縄があるよ。今は行けないけどね。」と言ったものでした。
沖縄が返還になったときだったのか、渡航が自由になったときのことうっすら覚えています。
母らは「これでお金さえあれば行けるようになったよ、沖縄へ」と言ったものでした。
とても嬉しかったのをおぼえています。
こんなもの喜ぶかなとクビをかしげつつ、おかんのぶんも貝殻と珊瑚のかけら拾ってきたら、おかんはどのお土産よりそれが気に入ったみたいでした。
お金をためて、また行きたいです。

昨日沖縄で撮って来た写真をアップしました。沖縄一人旅というアルバムをサイドメニューにつくりました。ときどきめくって、夢のように飛び去った3日間を忍びたいと思います。

さて、会社で配る沖縄限定おかしセットも作ったし、あとは今日は風呂はいってのんびり寝るだけです。
日焼けは相変わらず痛いですが、ちょっと「かゆい」がはいってきました。
あしたはきっとめっちゃかゆいでしょう。
そして2〜3日で剥けてきそうです。
久しぶりだな、日焼けで皮剥けんの。

おうちが一番

おうちが一番
おうちつきました。編集はまた明日〜。はー、日焼けで体中痛いです。

***
一晩たちましたが、日焼けは悪化しています…汗。
いたくてたいへん…。
上の写真は、拾って来た貝等です。
静かなビーチにタクシーがよってくれて、運転手さんが写真をとってくれました。
そのとき拾ったものです。

その運転手さんの話はまた別のところでゆっくり書こうと思います。
や、沖縄の方って、みなさんユニークですね。ていうか、わたしがあそこではユニークなのでしょうけど。

荷物は空港の手荷物宅配サービスキャンペーンで、一個500円で家までとどけてもらいました。らくちんです。
ぶじ、今朝とどきました。

さよなら沖縄またね

さよなら沖縄またね
空港つきました。
那覇空港、なかなか混雑しています。
離島行きの飛行機の案内アナウンスが流れるなか、
郵便局で切手をさがしました。
残念ながら50円のはなし。
80円のを2種類買いました。
わたしが到着客だと思ったらしい局員さんは
「他の郵便局にはあるかもしれない」と言ってくれました。
なんとなく嬉しかったので、到着客のふりをしておきました。

南国堪能しました。ありがとう沖縄。

チェックアウトしました/タクシーツアー

チェックアウトしました
お世話になったルートイン那覇泉崎をチェックアウトしました。
快適でしたよ。お風呂もよかったし。
ありがとう、ルートイン。

今日は予定を変更してタクシーで回ることにしました。
前日、とまりんへ行こうとしているときに、手をあげたわけでもないのに、一台のタクシーがとまって、どぞーというので、そのまま乗って行きましたが、とまりんまでの10分ほどの間に、土曜日の午後のバスがいかに時刻表と異なっているか、タクシーだとどんなに楽で便利か、短い時間でどれだけの場所がまわれるか、どんなサービスがつくかを説明しきって、バス乗り場探すのもいやになってたワタシは、財布の中をみて、つつましく過ごしたため残っていた札と、「なんかあったときのためのよび」をあわせれば、ぎりぎりタクシーに乗れるという結論に至り、その場で予約してからナガンヌへ行ったのでした。

タクシーはホテルまで迎えにきてくれました。
この日、わたしが 行こうとしていたのは、「琉球村」だけだったのですが、あそこもここもまわってあげると言われて、いろいろ行くことができました。
タクシーは高い。でも、タクシーはいい。サイコー。観光案内もついてるし、ご飯のおいしいとこだってつれてってくれるんです。写真もとってくれるし、ジューシーのおにぎりまでもらってしまった…。
もういちど。タクシーは高い。でもタクシー最高です。

万座毛を見て行こうということで、行ってみました。
すごい絶景ね、万座毛のとこの海岸は。
万座毛というのは広い天然の芝生のほうのことらしいのですけれども、
その向こうの崖の絶景が美しいというので、その崖の写真ばっかり観光案内にのってます。


琉球村へいくと、道ジュネーの途中でした。
お正月行事の再現で、獅子舞とか、エイサーとか、いろいろそういったものを、
村の中央の広場でやるのです。
最後はカチャーシーをみんなで踊って終了、わたしも踊って来ました。
とても面白かったです。

ツアーでもらったおまけ券があったので、琉装で記念撮影。
なんかウエストのあたりがだらんとだらしない感じにうつりましたが、
衣装はきれいで、顔もめっさ嬉しげにうつってました。
500円追加したので、おっきい写真にしてくれましたよ。
しかもものの2分ほどでできてしまうんです。
時代はかわりましたね。しみじみ。
ほかに自分のカメラでもとってくれました。

070630_1108

そのあと少し民謡聞いて、でました。


やちむんの里ものぞいて、琉球ガラスものぞいて、
おかしごてんものぞいて、基地も見て、
フリーマーケット(土日だけやってるらしい。)も車内から見せてもらいました。
運転手さんが、「あのバイク、動くのかな、いいね」というので見ると、すごーくちっちゃいバイク(三輪車くらいの大きさ)を出品している人がいましたよ。
あと、軍隊関係のウェアがたくさんうられていたんですけど…汗。
いいのか、そういうもんうっちゃって…。
支給品とはいえ、…たとえば任期がおわると、お持ち帰りしちゃえるものなのでしょうか??
謎でした。

070630_1245

東南植物園も見ました。ヤシの木、すごかったです。まあ、北海道も植物園いけばたまにあるけど…。
園内をめぐる乗り物に乗ってまわったんですが、そののりもの、サイドはあけっぱになっていて、まあ、屋根付きのレールのない電動トロッコみたいなかんじののりものだったんですが、なんと冷房がはいっていたんです。もう、ほとんど外へでていくだけの冷房でしたが、たしかに涼しい…汗。


あとはおいしいソーキそばたべて、
そのまま空港まで高速ひとっとびでした。
半日だけどすごく充実してました。
運転手さん、ありがとうございます。

無人島へ/チービシ環礁ナガンヌ島/チェリチェリ

無人島
2日目は、無人島の海水浴へ。
チービシ環礁のナガンヌ島というところです。
天気もよくて、無事催行。

那覇帰ってきました

日光が痛い。
シュノーケル楽しかったです。
ライフジャケット着てぷかぷかうかんで、水中眼鏡で海底を見つつ海のおさんぽ。
ちゃんと度つきのマスクがあるんですよ。おどろいた。
かわいい熱帯魚を餌付けしました。
ちっちゃくてきれいでほんとかわいいんだよ〜。
「今日は水がつめたい」というので、どのくらい寒いのかとおもいましたが、
北海道の石狩湾で泳ぐわたしにとってはお湯でした。
ぜんぜん寒くならなかったです。

無人島すごいです

シュノーケルのあとは、昼ごはんを食べて、海水浴。
昼ご飯のとき、青森から来たという人とちょっと話をしました。
ダイビングに来たとのことですが、うーん、ダイビングならケラマとかのほうがよいのでは。
ナガンヌはどっちかというと、海水浴って感じですからねい。
で、午後は海水浴。
浅瀬はさらにぬるいお湯で、まったく豊平峡温泉より少しぬるい程度なんじゃないか、というきがしてしまうくらいでした。
浅瀬にもちっちゃなお魚がいっぱいいて、
誰かがおとしていった魚肉ソーセージを拾ったので、
餌付けしてみました。
青いちっちゃい魚、白い魚で尻尾に丸い赤があるやつ、
それからやたら派手で食いつきのいいやつなどがつぎつぎきて、
派手なやつにいたっては、まだおおきなかたまりの、もっているほうに
がんがんくいついてくるので、手を食われないかとはらはらしました。
そのうち20センチくらいのもゆったりやってきたりして、
とてもたのしかったです。


那覇帰ってきました
…そして、体中が火傷状態に…汗。

那覇には4時過ぎに戻りました。
いったんホテルに帰ってお風呂はいりました。
日焼けで体中痛いのをがまんしつつ、おふろ。
おふろであったまると、そのあとあまり暑くないんですよね。不思議なことに。
多分体温がおちつくんでしょうな。

夜はるるぶにのってたチェリチェリという店で食べました。
ここおいしかったわあ。豚メシ、是非お試しあれ。
美人のお姉さんもいるし、一人で行っても大丈夫。
お姉さんは移住組なんだそうですよ?
カクテルもおいしかったです。

この日はテレビつけっぱなしのまま爆睡しました。
ぐっすりねむりました。

首里城と石畳の大赤木

やっばり首里城ははずせない。
…というわけで、一日目、最初に首里城へ行って来ました。
暑い、とにかく暑い。
炎天下を延々と登って行く、首里城の中。
物凄い石垣、物凄い門。
そしていっぱいいる観光客。
用もなくスタンプラリーするワタシ。
(つーか、道に迷わないようにやってたのよ。)

そんな猛暑に疲れ果てたところで、
お茶サービスにいきあたりました。
王子様の部屋でお菓子つきで300円?!
勿論いただきます。お茶にかける金は惜しいと思わない。

石畳

いろいろな伝統お菓子と、温かいさんぴん茶(ジャスミンティー)。
ふう、生き返ります。
今、さんぴん茶の冷たいのも検討中だとか。

石畳

首里城をでたら、ガードマンさんが、
「道の向かい側をあるいたほうがいいよ、
日陰だから」
と教えてくれました。ありがとうございます、ほんとそのとおりでした。

さて、首里城のあと、石畳で赤木拝見してきました。
友達のHちゃんのおすすめだったので、とりあえず行ってみっかみたいなかんじで。
すごかった…写真は聖地につき、撮らず。

ところで石畳ですっかり迷子になってしまい、
最初通りすがりの関西のおじさまに助けてもって大赤木にたどり着き、
そのあとは地元のおじいさまにたすけてもらって、
なんとおじいさまが「ついでがあるから」といって
モノレールの駅までお友達の車にのせてくださったのでした。
おじいさま、ありがとう。
北海道人といったら珍獣のように珍しがられました。
言葉はお友達のかたとはほとんど通じませんでした。
外国のようでした。

そのあと牧志で降りて、おみやげをかいました。
ドラゴンフルーツたべたら、お通じよくなるよーとおどかされて、
とりあえずホテルへあわててかえりましたが、なんでもなかったです。

着いたよ〜/那覇空港

着いたよ〜
無事那覇つきました。那覇空港、けっこう大きいです。
お土産屋さんも充実。


080524_1851
ホテルのお部屋にはすごくかわいい団扇があったよ。
嬉しいです。
屋上にある風呂がきれいで気持ちよかった。
(後日談/ここのホテルにとまるなら、Tシャツが呼ぶんにいちまいあったほうがいいです。寝間着用に。…あるんですけどね、着るものは一応。ほかは特に問題なし。フロントのお姉さんも超べっぴんじゃった…。沖縄のお姉さんて、ほんと美しい人多いよね…。)

着いたよ〜
モノレールの旭橋の駅です。
風が熱い。このあと首里城です。


より以前の記事一覧

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
フォト

スピリチュアル別宅