ペケレット湖園2009

  • Peke_ubayuri3
    2009年7月12日、ペケレット湖園へ行ってきました。すてきな散策路と和風アンティークを撮ってきました。本文はこちらから3記事。

ちざきバラ園2008

  • たべかけで失礼
    藻岩山中腹にあるちざきバラ園です。その昔札幌のエラい人が(多分、ちざきさんという人??)自分のお庭として作ったのを、その後一般公開しているとのこと。札幌ではとっても有名なお庭です。

白い恋人パーク2008夏

  • 大時計
    札幌観光の定番、石屋製菓の白い恋人パーク。 2008年も見事に花がさきました。 本文はこちら

トイかめらまん。

  • ナガンヌへ出発
    トイカメラでとった写真をアップしてみました。今はバビロン4が中心。4枚いっぺんにうつります。

沖縄一人旅

  • パイナップルじゃないよ
    2007年6月末、休暇をとって沖縄に二泊ででかけました。 そのときの写真です。日記本文

やってみる?

千客万来

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
無料ブログはココログ

石狩美術館


ルイ・イカール&ガラス 石狩美術館

母のリクエストで、まあ、母の日だし、石狩美術館へいってきました。
あるというのは知っていたのですが、すごくビミョーなところにあるので、ちょっと車ないと無理じゃないかな、それに入館料が高いし、と思って行かずにいたのです。
でも市役所前から乗れる無料送迎があるらしいとのことで、ホームページを見てみたら、なんと、いつも使っているバスの終点から歩いて10分とのこと。歩いて10分なら行ける。
そして問題の入場料も、一般は1000円だけど、石狩市民なら500円と判明(後日註…2008/07/01から、市民800円に値上げ。…もういかねーなたぶん…)。ああ、これなら行ける。
ネット上では物凄く大好評の美術館。首をかしげつつ、行ってみました。

展示については非常によかったです。一般市民の感覚に合わせた展示なんですよね。公営の美術館の場合、「美術館(博物館)は、教育機関である」とかいうしばりがあって、ああいうふうには展示できないと思うんですが(さんざん解説がつづいて、題名みて、さあ、これが実物です、という展示にならざるをえない)、そこは私設の強みです。題名と制作者みて、実物見て、ふーんとまわって、題名も作者もわすれたところで、もう一回裏からみる。照明がかわったり、ただ単純に目に美しい順にならんでいる。大変結構な展示でした。
また、展示品の数も膨大で、3階からスタートして1階につくころにはかなりお腹いっぱいになっているほど。見応えたっぷりです。
ガレやドームのガラスと、イカールの絵(まるでほんの挿絵のような、親しみやすい絵柄です。にっこりしている女性の絵が多いです)が見られます。

評判のレストランは、ちょっとお高め。
ランチでも2500円かかるので、まあ、役所の人がボーナスで行くってかんじ、もしくはあの辺の地主さん用かな。なんか料理が船にのってやってくるそうですが。
個室になっていて、展示品のうち1ダースくらいがゆっくりと窓にまわってきて、くるりと一回転して去って行く、そんな趣向もあります。けっこう楽しいです。

-----------------

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活ブログへ

-----------------
↓どちらも似たようなサービス。お好きなほうをドウゾ。

-----------------

芸術の森美術館

昨日はドニチカ切符でさまよってきました。
まず、これ行ってきましたよ。

Dscf0051


はーい。芸術の森〜。ナポレオンとイタリア美術〜!
みんなよくあんなくそど田舎まで犬つれてでかけるよね!ははは。
真駒内からバスでいくので、なんか抵抗ある人もいるかもですが、バスの本数はめっさ多いよ。
お金のないデートカップルは無料スペースでくつろぐだけでもいいんでないかい。


Dscf0049


庭ではアートマーケットなるクラフトのフリマもやってて、とにかく大にぎわい!
手作り品のフリマは、なんだか同人イベントとおなじ空気というか、さらに高年齢高プライドというか、まあそんな感じでイタかった…。
ほしいなーっというのもあったけど、金がなくってねーっ。

Dscf0052_2


腹がへってたのでケーキくっちゃったんだ。それで予算オーバー。
あきらめました。
ちなみにケーキセットはウマかったです。美術館の片隅のコーヒースペースで、土日祝日限定らしいです。

Dscf0050

展覧会は1200円。た…高いよ!! 
なんでそんなにとるの?と、いつも近代美術館でも思ってしまうわたしです。まあ、絵のレンタル代と、運搬費なんでしょうけど…。
内容はなかなかよかったです。
わたしは壁画の下絵の3枚組がいたく気に入ったのだけれど、まったくグッズ等には反映されていませんでした。
あと、なんかふしぎだったのは、なんであそこのショップでクリムトのポストカードうってるの、ってことですが…。
ま、いいんですけどね。
逆に売店で巨大な石けん見つけたときは、なんか非常に楽しい気分になりました。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活ブログへ

飾り付け〜

飾り付け〜
久しぶりにこれ飾ることにしました。
飾り付け開始〜。
ちょっと水をつけてかるくおさえてると、半月型のがくっついて、満月になるのさっ。


んで、これで完成!↓
飾り付け〜

かわいい!
それになんかいいにおいなのよ。
日本のお正月、きれいだね。

ちなみに、枝が約500円、飾りが約250円…毎年使えるクリスマスツリーより高いな…汗。

チェックアウトしました/タクシーツアー

チェックアウトしました
お世話になったルートイン那覇泉崎をチェックアウトしました。
快適でしたよ。お風呂もよかったし。
ありがとう、ルートイン。

今日は予定を変更してタクシーで回ることにしました。
前日、とまりんへ行こうとしているときに、手をあげたわけでもないのに、一台のタクシーがとまって、どぞーというので、そのまま乗って行きましたが、とまりんまでの10分ほどの間に、土曜日の午後のバスがいかに時刻表と異なっているか、タクシーだとどんなに楽で便利か、短い時間でどれだけの場所がまわれるか、どんなサービスがつくかを説明しきって、バス乗り場探すのもいやになってたワタシは、財布の中をみて、つつましく過ごしたため残っていた札と、「なんかあったときのためのよび」をあわせれば、ぎりぎりタクシーに乗れるという結論に至り、その場で予約してからナガンヌへ行ったのでした。

タクシーはホテルまで迎えにきてくれました。
この日、わたしが 行こうとしていたのは、「琉球村」だけだったのですが、あそこもここもまわってあげると言われて、いろいろ行くことができました。
タクシーは高い。でも、タクシーはいい。サイコー。観光案内もついてるし、ご飯のおいしいとこだってつれてってくれるんです。写真もとってくれるし、ジューシーのおにぎりまでもらってしまった…。
もういちど。タクシーは高い。でもタクシー最高です。

万座毛を見て行こうということで、行ってみました。
すごい絶景ね、万座毛のとこの海岸は。
万座毛というのは広い天然の芝生のほうのことらしいのですけれども、
その向こうの崖の絶景が美しいというので、その崖の写真ばっかり観光案内にのってます。


琉球村へいくと、道ジュネーの途中でした。
お正月行事の再現で、獅子舞とか、エイサーとか、いろいろそういったものを、
村の中央の広場でやるのです。
最後はカチャーシーをみんなで踊って終了、わたしも踊って来ました。
とても面白かったです。

ツアーでもらったおまけ券があったので、琉装で記念撮影。
なんかウエストのあたりがだらんとだらしない感じにうつりましたが、
衣装はきれいで、顔もめっさ嬉しげにうつってました。
500円追加したので、おっきい写真にしてくれましたよ。
しかもものの2分ほどでできてしまうんです。
時代はかわりましたね。しみじみ。
ほかに自分のカメラでもとってくれました。

070630_1108

そのあと少し民謡聞いて、でました。


やちむんの里ものぞいて、琉球ガラスものぞいて、
おかしごてんものぞいて、基地も見て、
フリーマーケット(土日だけやってるらしい。)も車内から見せてもらいました。
運転手さんが、「あのバイク、動くのかな、いいね」というので見ると、すごーくちっちゃいバイク(三輪車くらいの大きさ)を出品している人がいましたよ。
あと、軍隊関係のウェアがたくさんうられていたんですけど…汗。
いいのか、そういうもんうっちゃって…。
支給品とはいえ、…たとえば任期がおわると、お持ち帰りしちゃえるものなのでしょうか??
謎でした。

070630_1245

東南植物園も見ました。ヤシの木、すごかったです。まあ、北海道も植物園いけばたまにあるけど…。
園内をめぐる乗り物に乗ってまわったんですが、そののりもの、サイドはあけっぱになっていて、まあ、屋根付きのレールのない電動トロッコみたいなかんじののりものだったんですが、なんと冷房がはいっていたんです。もう、ほとんど外へでていくだけの冷房でしたが、たしかに涼しい…汗。


あとはおいしいソーキそばたべて、
そのまま空港まで高速ひとっとびでした。
半日だけどすごく充実してました。
運転手さん、ありがとうございます。

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
フォト

スピリチュアル別宅